料金について

120分 5000円

※初診の場合は、初診料として別に1000円頂きます。

鍼灸治療について

治療は「経絡治療」と「北京堂式(淺野式)」があり、あん摩・マッサージ・指圧治療は行ないません。はり・お灸の治療です。
「経絡治療」
日本製の鍼を使用します。長さ40mm、太さ0.16mmの極細い鍼です。問診、脈診を行い恒常性の維持を目的に、全体的、全身的に治療を行います。
「北京堂式(淺野式)」
中国鍼を使用します。長さ40mm~120mm、太さ0.25~0.5mmの太い鍼です。「血液が通じなければ痛む」と言う理論に沿って治療を行います。筋肉が収縮して血管、神経を締め付け血液の流れを阻害する事により痛みが現れます。そこで筋肉に鍼を入れ20分~40分置きますと血管が拡張し血流が回復して筋肉が緩み痛みが解消する事になります。
 初診の患者様は、問診表を記入して頂きそれに基づき問診を行うため少々時間を頂きます。従いまして誠に申し訳ありませんが、少し余裕を持ってお越し頂ければと思います。
 患者様の症状にあわせて治療を行ないます。若干治療内容に違いが生じますが何卒ご了承ください。治療内容及び方法についてはどうぞお気軽にお尋ねくださいませ。
鍼灸治療は
1  筋肉の凝りを緩め、血流改善をします。
ストレスや運動不足、冷えなどが続くと、筋肉が緊張して血行が悪くなります。血行が悪いと栄養や酸素が体の隅々まで行きわたらず、慢性的な不調が現れます。
2  ストレスによる様々な不調を改善します。
ストレスがかかると、体が緊張し血流が低下し、様々な不調が現れます。例えば自律神経失調症、肩こり、腰痛、冷え性、お肌の荒れなどです。そのような症状を改善して、心と体をリラックスに導きます。
3  リラックス効果も行われます。
鍼灸治療を行うと、体の緊張がほぐれ、体をリラックスさせる神経である副交感神経の働きが高まり、そのため気持が緩やかに、穏やかになり血行が良くなります。

施術の流れ

1、( 問診) どのような症状なのかをお伺いいたします。
2、( 脈診、触診、腹診)これを行うことは、体の異常(気・血・津腋の流れが滞ること)場所を見つける重要な役割となり、治療の組み立てとなります。
3、 (置鍼) 手足やお腹など、反応が現れる所に鍼を施して体全体の状態を整えます。
4、 (追加鍼) 仰向け、またはうつ伏せの状態で、反応が現れた場所に更に鍼、お灸を施します。
(治療後の注意)
1 治療日の当日の飲酒は、治療効果が悪くなりますので、一日だけお酒を控えてください。
その理由は、アルコールを飲むと、血管が開いて熱を放散し過ぎてしまい、反動で血管が収縮して血行が悪くなるからです。
2 お風呂に入ってもかまいません。鍼治療用の鍼は非常に細く、すぐに鍼穴がふさがりますので、ばい菌が入る心配はありません。
3 鍼治療をした後は、横になって、2~3時間ほど休んでください。
4 運動はしてはいけません。
5 寝不足だったり、体調が悪かったりすると、暈鍼と呼ぶ貧血のような状態になります。これは気分が悪くなり、冷や汗が出たり、吐き気がしたりしたりするのですが、鍼を抜いてしばらく横になっていれば治ります。鍼をして血圧が下がったため貧血状態になったものです。